受診の前には予約のお電話を! 03-5996-2772
東京都新宿区西落合4-3-9 パロ西落合101
診療は予約制

東京都新宿区の胃腸科、肛門科、内科、外科、人間ドック

内視鏡検査

予防接種

人間ドック・検診

苦しまずに楽に受けられる内視鏡検査

 胃カメラ(食道、胃、十二指腸を観察する上部消化管内視鏡検査)を受けたことがない方の中には、口や鼻から内視鏡を入れられることに対する強い恐怖感を持っている方や、過去に受けたことがある方の中には、検査でとても苦しい経験をして「もう二度と受けたくない」と思っている方がいるかもしれません。肛門から曲がりくねった大腸に内視鏡を挿入する大腸カメラ(結腸、直腸を観察する大腸内視鏡検査)の場合でも検査中にとても痛い思いをする場合があります。
 検査中につらい苦しい思いをすることは患者さんの大きな負担になるだけではなく、苦痛のために検査中に余計な力が入ることや体を動かしてしまうこと等により十分な検査ができない場合や、医師も苦痛の軽減のために検査を短時間で終わらせようとすることで検査精度が低くなる場合もあります。そして、その時の検査結果に問題がなくても、とてもつらい経験をしたことによってその後の検査を避けるようなってしまった場合には、将来、病気になった時の発見が遅れてしまうことがあるかもしれません。

ー当院ではー

 当院の内視鏡検査は、鎮静剤の注射をしてから眠った状態で行うので、楽に検査を受けていただくことができます。
鎮静剤の麻酔により検査中は苦痛を感じることがなく、十分に時間をかけた精密な検査を行うことが可能です。
<注意点>
・検査直後は少しふらつくため院内でおよそ30分~60分程休んでから帰っていただく必要があります。
・当日検査後は車、バイク、自転車などの運転はしないように、大事な用事などの予定も入れないようにしていただきます。

上部消化管内視鏡検査(食道・胃・十二指腸)

 食道・胃・十二指腸を観察する内視鏡検査ですが、胃カメラとか胃内視鏡検査とも言われています。
 口から入れる経口内視鏡検査と鼻から挿入する経鼻内視鏡検査があります。経鼻内視鏡検査は鎮静剤の注射をしないで検査を行った場合には経口の検査に比べれば苦痛が軽度であることが多いのですが、全く苦痛がないというわけではありません。そして、経口の内視鏡に比べて経鼻の内視鏡のほうが検査の精度はやや低くなります。
 鎮静剤の注射をして検査を行えば経口の内視鏡検査でも、鎮静剤を使わない経鼻検査よりもはるかに楽に検査を行うことが可能であり、さらに経鼻内視鏡検査よりも精密な検査が可能になります。

ー当院ではー

 以前までは当院でも経鼻検査を行っていましたが、苦痛がなく、より精密な観察が可能であるという理由から、現在は鎮静剤を用いた経口内視鏡検査のみを行うようにしています。

下部消化管内視鏡検査(大腸)

 肛門から盲腸まで内視鏡を挿入して結腸、直腸の観察を行う検査で、大腸カメラとか大腸内視鏡検査とも言われています。
 検査前日は朝から食事内容の制限や、検査当日は検査の4時間程前から腸管洗浄液を内服して腸管の内容物を排除して腸管内をきれいにする処置が必要となりますので、事前に一度受診していただき検査前の処置の説明をさせていただきます。
 上部消化管内視鏡と同様に鎮静剤の注射を行って眠っている状態で施行しますので、苦痛なく精密に検査することが可能です。

ー当院ではー

 当院では大腸ポリープの診断がされている方などについては内視鏡的大腸ポリープ切除術(日帰り手術)も行っています。その場合は術後1週間の生活制限などの注意事項やそのリスクに関する説明があり、事前に了承していただく必要がありますので、検査時に切除術を希望される方は検査予約時にお申し出ください。
 大腸ポリープ切除術の施行は月・火に限定しているため、初回検査の方やポリープの存在が確定していない方の場合には、ポリープ切除は行わない生検(組織を一部採取して顕微鏡検査による病理診断を行う検査)までの予定で検査を行うことにしています。

※検査を受ける方はまずは検査前の診察の予約を電話でおとりください。
Page Top