受診の前には予約のお電話を! 03-5996-2772
東京都新宿区西落合4-3-9 パロ西落合101
診療は予約制

東京都新宿区の胃腸科、肛門科、内科、外科、人間ドック

大腸ポリープ切除術

予防接種

人間ドック・検診

大腸ポリープ

 ポリープとは粘膜に生じる隆起性病変の総称で、大腸ポリープの中には腺腫、早期癌、炎症性ポリープ、過形成性ポリープなどが含まれます。大腸のポリープの約80%は良性のポリープである腺腫なのですが、腺腫は大きくなってくるとその一部が癌化する場合があるために前癌病変と言われています。
 癌が含まれる率は腺腫が大きくなるにつれて増加し、大きさが5㎜以下では0.5%以下であると言われていますが、6㎜~9㎜で10%以下、10㎜以上になると20~30%に癌が含まれるようになると言われていますので、5㎜以上の腺腫については切除治療の適応となってきます。

大腸ポリープ切除術

 内視鏡的切除術が可能だと思われるポリープの場合でも、大きさや形、部位などの状況により、そのリスクが大きいと思われる場合には、入院が可能な病院や術後の急な対応が必要となった場合に夜間や休日でも当直医の対応が可能な病院へ紹介させていただきますが、当院で切除が可能であると判断できたポリープについては日帰り内視鏡的切除術を施行しています。
 術後1週間は生活制限などの注意事項があるため、事前にその説明とポリープ切除についてのリスク等に関する説明を聞いていただき了承していただく必要がありますので、検査時に切除術を希望される方は検査を予約する時に申し出てください。  

ー当院ではー

 当院では高周波スネアと呼ばれるワイヤーの輪をポリープの根元にかけて焼き切る切除方法か、つまんで焼き切るホットバイオプシーと呼ばれる切除方法でポリープの切除を行っています。切除したポリープは回収して、病理診断により良性・悪性の判断や悪性度の診断を行います。
 
 当院での大腸ポリープ切除術の施行は月・火に限定しているため、初回検査の方やポリープの存在が確定していない方の場合には、ポリープ切除は行わない生検(組織を一部採取して顕微鏡検査による病理診断を行う検査)までの予定で検査を行うことにしています。
Page Top